CGMについて

持続血糖モニタリング(CGM)について

当院では持続血糖モニタリング検査を行っております。皮下(腹部または上腕)に留置したセンサーで、間質液中のグルコース濃度を持続的に5-15分間隔で測定することにより、ご自身のスマートフォンで24時間の連続した血糖値を知ることができる機器です。現在、日本で使用可能なDexcom G6・FreeStyleリブレは、従来の血糖自己測定(SMBG)による較正の必要なく血糖値が計算され表示されるため、とても利用しやすくなりました。CGMは、自己血糖測定だけでは把握できない食後の血糖変動(グルコーススパイク)、夜間低血糖などが疑われる方におすすめしたい検査です。

Dexcom G6の対象の方

糖尿病の方は保険にて検査が可能です。

*糖尿病と診断されていないが血糖値が気になる方は自費となります。

 

 

費用(検査として)

保険の場合、3割負担で約4,000円/月となります。

自費の場合、15,000円となります。

仕様・特徴

センサーの使用期間は最大10日間です。

センサーの留置箇所:腹部

血糖データをご覧になるためには、ご自身のスマートフォンにアプリをインストールする必要があります。基本的にiPhoneは対応可能ですが、アンドロイドは対応しておりません。

アプリ対応スマートフォン確認サイト(対応機種一覧)

最新機能として、緊急低値リスク/低値/高値アラートなど高血糖や低血糖をお知らせしてくれる機能が搭載されてます。Dexcom G6 CGMシステム かんたんスタートガイドブック

*OS等によって互換性があっても使用できないこともあります。

*対応機種をお持ちでない方は当院にて貸出しも可能です。

メーカー説明サイトDexcom G6 CGMシステム

Free Styleリブレの対象の方

インスリンの自己注射を1日1回以上実施されている患者さんに保険適応があります1型糖尿病の方は月2枚まで、2型糖尿病の方は月1枚センサーを処方することができます。

*2型糖尿病で内服のみの方や糖尿病と診断されていないが血糖値が気になる方は自費となります。

費用

センサー1枚で3割負担で約2,500円、2枚処方される方は3割負担で約3,700円

自費の場合、8,000円/1枚となります。

仕様・特徴

センサーの使用期間は1枚で14日間です。

センサーの留置箇所:上腕外側(二の腕部分)

血糖データをご覧になるためには、ご自身のスマートフォンにアプリをインストールする必要があります。基本的にiPhone、アンドロイド対応可能です。

メーカー説明サイトアボット FreeStyleリブレ

アプリ説明サイトFreeStyleリブレLink

TOPへ