新型コロナウイルスの抗体検査開始のお知らせ

新型コロナウイルスの抗体検査について

血液検査での新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のIgG抗体検査を当院でも開始しました。この検査は過去の感染またはワクチンによる免疫が獲得されたかどうかを調べる抗体検査で、感度・特異度共に非常に高い検査となります。なお、迅速検査は行っておりません。検査結果が出るまでに約1-3日を要しますので、予めご了承ください。 保険外診療となる為、費用は 5,000円(税込)となります。2021年6月時点で承認されている3種類のワクチン(ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ)によるIgG抗体を検出できます。 ご希望の方は、下記詳細を確認の上、来院ください。

検査方法

【検査名】コロナ抗体IgG定量

【試薬名】ARCHITECT SARS-Cov-2 IgG Ⅱ Quant(アボット社研究用試薬)

【製品概要】SARS-Cov-2(新型コロナウイルス)のスパイクタンパク質に対するIgG抗体を定量的に測定する試薬です。

対象

現在症状がなく、

①新型コロナワクチン接種後の免疫獲得の有無の確認(ワクチン2回目の接種から2週間以上での検査をお勧めします)。

②過去に新型コロナウイルスに感染していたか調べたい。

上記の方が対象となります。

費用

保険適応外であり、5,000円(税込)となります。

検査日・結果説明日の診察料、検査料、結果用紙の全てを含みます。

流れ

1.お電話または、当院ホームページのWebから予約をお願いします。

2.検査当日、医師より検査の説明を行います。検査内容に関する同意を頂いたのち、検査となります。

3.検査結果は約3日後に当院に届きます。

4.結果に関する説明を医師から行い、結果の原本をお渡しします。

参考資料(株式会社BML)

代表的な高力価として1:250希釈のPRINT ID50*を使用した確率プロファイルの例では95%信頼区間で4,160AU/mlでした。 *ウイルス量を50%まで減少させることを確認する試験で、ワクチンの効果判定で最もよく使われる指標です。抗体が陽性でも、再感染や重症化を抑制できるかは今後の研究の蓄積待ちです。

TOPへ